CLUB PEACE

活動情報

春の磯釣り大会 in 隠岐の島

2015年5月23日(土)、24日(日)

春の磯釣り大会 in 隠岐の島を開催しました。
天候が心配されましたが予報に反して2日間ともに快晴、無風の下、山陰のメンバーを中心に関西、岐阜からたくさんのメンバーに参加頂き、平和代表を囲んで大変盛り上がった大会となりました。
5/23日の午前1時に全員が揃い、事務局より大会のルール説明。2日間のグレ5匹総重量と大物賞として真鯛1匹長寸で競われることになりました。
磯割と組合せについては、平和代表のご配慮で新規入会のメンバーを中心に、代表が磯を巡回してのレクチャーを実施、山陰メンバーと関西・中部のメンバーの適当(^^)なペアで組み合わせる親睦大会ならではのローカルルールでスタートしました。

午前3時前に七類港を出船、夕方5時までたっぷり釣りが楽しめる初日がスタート。

ただ水温が低かったのか、グレの釣果のほうはかなり厳しいものでしたが、さすがは真鯛で有名な隠岐。
65㎝の真鯛を筆頭に参加メンバーの半分が真鯛を釣り上げていました。
もちろん、この方も必ず釣ります。

釣果は厳しいながら、隠岐の大自然の中で釣りを満喫したメンバーも18時頃に全員帰港。

港で1日目の検量後、浜吉渡船さんの宿に入って夕食&宴会がスタート。
全国各地からアジア各国へと活動のフィールドを広げている平和代表の釣り談義はネタが尽きず大盛り上がり。
翌日は船長の計らいで朝の4時出船となりましたが、宴は延々と・・・。
(宴会が盛り上がり過ぎて誰も写真を撮ってません…)

そして二日目、昨夜の大宴会・・・にもかかわらず、釣り人の朝は早い。
午前3時起床で4時には出船、まだ暗い内からの磯上がりです。
夜明け前にゆらめく電気ウキの明かりと、ゆっくりと日が昇る朝焼けは超キレイ。

今日こそはと期待に胸が膨らみますが、グレの状況は相変わらず厳しく時間だけが刻々と過ぎて行き・・・午後12時で時間切れ、納竿時間となりました。
全員を回収後、浜吉丸さんの高速渡船で七類港へまっしぐら。

港に戻ると今日も真鯛の65cmを釣っているメンバーも。
厳しいながらもみんなそれぞれに納得の一枚に出会えたようです。

お昼のお弁当は港でみんなで輪になって頂き、いよいよ検量と結果発表!
優勝は、30前後をコンスタントに揃えた山陰メンバーの“ダイブー”こと、 金坂さん。
賞品のオレンジのライジャケが良く似合います(?)おめでとうございます。

2位は、小ぶりながら堅実に数を揃えた関西メンバーの梶さん。
なんだかんだでこっそりと釣ってます。

そして大物賞は、60オーバーの真鯛を2枚釣り上げた山陰メンバーの楢木さん。
ぶっちぎりの釣果でした。

帰り道は航空ショーの関係で大渋滞のおまけつきでしたが、普段は中々会うことの出来ないメンバーとも親睦を深める事ができた楽しい大会となりました。
参加メンバーの皆さんお疲れ様でした。
タイトなスケジュールを縫って参加頂きました平和代表、ありがとうございました。
2日間みんなが釣れることに腐心いただいた浜吉渡船様、ありがとうございました。

メニューへ